バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MEDIA

2016.07.31

■横澤 直樹監督
ーーまずは今日の試合の総括をお願いします。

この敗戦で3連敗になってしまいました。遠い浦安までツアーを組んで応援に来てくださったファンの皆様に対して、申し訳ないという気持ちがあります。その方々の期待に応えたかったですし、とても悔やまれる敗戦でした。
ただ、選手たちはとにかく勝ちたいという気持ちで戦っています。ここ何戦か惜敗が続いているのですが、彼らには信じて戦い続けて欲しいという思いです。
今日の敗因としては、多くのシュートを打ったのにもかかわらず決定機がたったの3回しかなかったということが大きいかなと感じています。
チャンスを作りきれていなかったということですので、次戦に向けて修正していくポイントです。

ーーパワープレーでの得点は狙い通りだったのでしょうか?

狙いどころはたくさんあります。その一つが点につながったのだと思います。狙いが一つだけだと相手に読まれてしまいますし、あくまでいくつか狙いがある中での一つでした。

ーーパワープレーでのゴレイロの選手を途中で変えたことについては?

選手の特徴によってポジショニングを変えたり、その特徴を活かすために戦術を変えることは、常に監督が求められていることです。大事なことは、選手個人の特徴でやり方は変わってくるが、狙いそのものは変わらないということです。

arrow_top

TOP