バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MATCH

2017.03.18

■米川正夫監督(バルドラール浦安)

「前半の立ち上がりは、相手よりも多くシュートを打っていたということもあり、自分たちの狙い通りの内容ではありました。ただ、完璧には崩されていない形で失点をしてしまい、自分たちの攻撃のリズムも悪くなってしまいました。結果的に、前半のうちに同点に追いつけなかったということが響いたという印象です。追加点の取られ方も悪かったですし、失点を重ねて自分たちのリズムをさらに手放してしまいました。

この大会に向けて、色々な選手を起用していくことで様々なセットの形を模索していきました。目指していくスタイル自体はリーグの時から変わっていませんし、そこは積み上げの部分になると思います。この神戸戦については、相手のウィークポイントを突くような戦い方をできるようにトレーニングを重ねてきました。
選手たちは最後までファイトしましたし、この結果に終わってしまったことは残念ですが、受け入れるしかありません。

チームが勝つことはとても大事ですし、より良いチームにしていくということは当然目指すべき目標です。ただこの3年間、それらの目標に加えて、フットサル界を盛り上げたいという気持ちも強くありました。監督という立場だからこそできることもあると考えていたのですが、なかなか難しいテーマではありました。現状の日本フットサル界にとって何がプラスになるのかということや、どういうことをすればより良い方向に向かっていけるのかということを、今度は外からの視点で捉えながら取り組んでいければなと思っています。

『監督として』ということになると、満足感や達成感といったものはありません。ただそれは、おそらくどのタイミングでもそうです。これ以上できない、やりきった、というようなことはありえないと思います。やっぱり、監督というのはやりがいのある仕事です。またこの立場を経験してみたいという思いはあります。またすぐにやりたいというような気持ちはありませんが、これから色々なことを勉強して、その時にどういった状況になっているかわかりませんが、同じ気持ちでいることができればなと思います。

この3年間を振り返ると、1年目は戦力がすごく充実していて、一つの方向性を示すことである程度結果が出たと思います。ただ2年目はあまりそれがうまくいかずに、立て直せなかったことは自分の力不足です。シーズンが始まるころには今年が最後と決まっていましたので、3年目は過去2年のことを踏まえて、自分の集大成を出したいなという中でけが人が出ました。それに加えて、深津(孝祐)も途中で抜けましたし、外国籍選手が入ってくるなど、すごく難しい1年でしたが、チームとはそういうもの。その中で結果を出せなかった原因は自分の力不足です。指導者として1年ずつ中身が違いましたし、勉強にもなりました。結果が出なかったことは非常に残念です。

最後の円陣では各々が違う道を行くので、それに向けて頑張っていこうといったことを伝えました。まずはこれまで支えてくれた皆さんに感謝申し上げます。
どうかこれからもバルドラール浦安をご声援いただきますよう、心よりお願いします」

D5K_1046

arrow_top

TOP