バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MATCH

2017.03.18

■FP 9 星 翔太

「僕自身は、シーズンを通してチームに関わることができませんでした。昨シーズンも同じような経験をしていますし、言葉だけでチームに携わることの限界というのも痛感していました。苦しんではいましたが、苦しみながら出した結果がこれだったのかなという気持ちです。

終わり方も、友くん(小宮山友祐)がこれで最後ということでしたし、また去年も(高橋)健介さんが最後だったということで、優勝して終わりたいという気持ちや、プレーオフに進出してタイトルをかけた戦いをしたいという気持ちはすごくありました。ただ、その思いだけでどうにかなる世界ではないです。他のチームも同じような気持ちを持って戦っているわけですからね。その中で、僕たちは最後まで戦うことのできる力がなかったということを、真摯に受け止めなくてはいけません。

一緒のチームで勝利を目指して頑張ってきてはいましたが、メンバーに入っている選手とそうでない選手、試合に出ている選手とそうでない選手の間での立ち振る舞いというのが、少し違いがあるように感じています。誰が悪いというわけではなくて、そこの噛み合わせがうまくいかなかったなという思いです。おそらく、見ている方がそのことを一番感じていると思います。そこは今後に向けて改善していかなくてはいけないポイントです。

若い選手への接し方というのは難しいところではあるのですが、僕が感じている部分では、彼らのやっていることと言っていることに満足できていません。少なくとも僕の中では、もっともっとやれると感じてしまっています。ただそこに関して責めるような気持ちはありません。真摯に頑張っている選手には声をかけようと思いますし、ただその言葉の意味は彼らにはまだ理解できていないと思います。今はまだわからなくて当然ですし、何年もやっていく中で理解できるようになるのだと思います。苦しみの中で自分自身でヒントを何か得ないといけないです。

今大会には、去年とは全く違うという位置付けで臨んでいました。去年は若い選手がたくさん出ていましたし、ポジションをつかみかけている選手が躍動した大会でした。そういった選手がチームに勢いをもたらしてくれていたと思います。ただ今年は違いました。そういう意味では、一体感を生み出せるようなカギとなる選手がいなかったということが言えると思います。この大会で来シーズンへの成長に繋がるようなものはなかったと思います。とにかく結果を出すしかなかった中で、出すことができなかった。実力不足です。それ以上でもそれ以下でもありません。今大会の意味ということでは、僕たちの実力がはっきりとわかったということだけですね。

若い選手は、この大会で出場できたことを今後につなげていくという意識を持つことが大事です。ベテランは、プレー面で特段何か変わるようなことはありませんので、細かい部分をどのようにアジャストしていけばいいのかを考えることが求められます。来シーズン、新しい監督になるのは確定していますので、その中でどういった幅を見出していくことができるかがポイントです。気持ちを切り替えるということではなく、結果を受け止めるという姿勢です。

これからは、それぞれの選手が自分の道を切り開いていくことになります。退団する選手もいれば、引退をする選手もいます。各選手が、自分の目指していく道をしっかりと歩んでいくことができればなと思います。もちろん僕自身も同じです。

今日のゲーム、本当に多くのサポーターが駆けつけてくれて、スタンドを赤く染めてくれました。こういったサポーターの前でプレーをすることができて、本当に感謝しています。試合に勝つことができなくて、自分たちの力不足を痛感しました。繰り返しになりますが、この結果を受け入れて、みなさんに応援してもらえるようなチームを目指して頑張っていきます。応援をしてもらえるということは、決して当たり前のことではありません。ファンの方に応援してもらえるようになるため、もっともっと自分たちからアクションを起こしていかないといけないです。当然僕たちは、ピッチでプレーをすることでしか何かを証明することはできません。これからも、その意識を強く持ってやっていきます」

D5K_1863

■FP 8 加藤 竜馬

「前半は、両チームにチャンスがありました。その中で僕たちは点を決められなくて、失点をしてしまったということがとても大きかったなと感じています。そして後半ですが、前に行こうとしている中で失点を重ねてしまったことで、後手を踏んでしまったという印象です。ただパワープレーで追いつくことができそうでしたし、そういった姿勢を見せることができていただけに、もう少し時間があればなと悔しく思っています。とはいえどれも結果論ですので、この結果を踏まえた上で、来季に向けて心身ともに鍛えていくしかありません。

自分たちのフットサルができなかったというわけではありませんでした。狙っている形を作り出すこともできていましたし、その点に関しては自信を持って継続していきたいです。流れの中で1点を取ることができればよかったのですが、それができずにパワープレーにまでもつれてしまったことが、ゲームに勝てなかった要素の一つだと思います。

今年1年は、正直とても苦しんだシーズンでした。良いようにいえば、すごく成長できたということもできます。また来年度に向けて目標をしっかりたて、努力していきたいなと感じました。チームとしては、最後は戦力も揃ってきてトレーニングを続けられていましたし、それは今後に向けてプラスになっていくはずです。

個人としては、チームが苦しい時にゴールを取らなくてはいけないという立場にあることを痛感しています。今日のゲームでも、流れの中でゴールを決められなかったのはすごく悔しいです。チームを引っ張っていかないといけない立場になりつつあるという自覚はあるので、来シーズンはシーズン通して怪我なく戦うことのできるように調整をして、チームをけん引できるように頑張ります。

小宮山選手がいなくなるのはとても寂しいですし、チームとしてもきついですが、いつまでも友くんに頼ってばかりはいられません。その穴を誰が埋めるのか、誰が役割を担うのかという問題に関しては、チーム全体で考えてやっていかないといけないです。

今日の試合、最後まで諦めずに応援をしていただき、本当にありがとうございました。結果を残すことができなかったのはとても悔しいですが、この結果を踏まえて今後も努力していきたいと思っています。来季以降も、変わらない応援をしていただけると嬉しいです」

D5K_0827

arrow_top

TOP