バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MATCH

2018.03.09

高橋健介監督

「相手が脅威としているポイントにおいて、自分たちが上回ろうと、下のカテゴリーだとは関係なく、やるべきことをやって試合に入らないと上手くいかないよと話していました。

スカウティングとしてもかなりの試合見ましたから、スタッフも含めて他のFリーグのチームと変わらないリスペクトを持って入りました。それが選手にも良い形で伝わったと思います。

ただ、今日の相手とこれだけの差があるとは思っていないですし、そういった意味ではゴールが入るタイミングや守り切る時間帯で、選手が上手くそれを表現してくれたのではないかなと思います。

得点を取った選手も全員が異なりますし、誰か一人で取ったゴールというのはありませんでした。1次ラウンドからもこういった感じですし、チームとしてチャンスを構築した際に、最後のところに誰がいるか、という話であって、誰か一人に頼るというチームではないです。

今はとても良い状況なのではないかなと思います。それから、若い選手が1次ラウンドで得点を奪っていて、それによって彼らにも落ち着きが生まれている感じはあります。

自分が現役の時から、もっさん(岩本昌樹)はパワープレーの守備で入っていた選手ですし、そこでの安定感は流石のものがあります。その中で、もっさんがパワープレー返しで得点できれば、チームとしてより勢いが出る形になるかなとも考えてはいましたが、最後の部分でスライディングで決定機を防ぎましたし、あのプレーだけでもチームに対しての貢献は十分だと思います。

6試合戦う準備をしてきましたし、その権利を得ることができたので、明日も色々なオプションも含めて出し、グループの力で相手を乗り越えて決勝までたどり着きたいと思います」

HK2_5846

arrow_top

TOP