バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

RESULT

試合結果

Segundo

2018.10.07

【セグンド】

SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第12節 試合結果

10月7日(日)11:00キックオフ

vs. ペスカドーラ町田アスピランチ

5-4 勝利

得点者:中島、増山、大橋×2、長坂

たくさんのご声援、ありがとうございました。

・コメント
■新造邦明セグンド監督
「先制点を決め、良い流れで試合を運べると思ったのですが、町田アスピランチの小川監督がすぐに修正してきたこともあり、思うような前半とはいきませんでした。

ハーフタイムには、『浦安と町田はFリーグが始まる前からライバル同士。絶対負けてはいけない、下部組織とか関係ない』という孝さん(中島孝)の一言もありチーム全体が息を吹き返すことができました。
孝さんのプレーからもその気持ちが強く感じられ、最終的には決勝点という形でチームを勝利に導いてくれました。

戦術、技術、ではない歴史の重みだったり、想いだったり、本当に大切なものを教えてもらっています。選手たちもそれに答えてくれました。

リーグ戦中断期間前ラストは、カフリンガ東久留米戦です。前回対戦もギリギリでの勝利でしたし、まだまだ修正しなければいけない部分も多くあります。さらに伸ばしていくべきこともたくさんあるので、ここまでの結果に油断することなく次の試合に向けていい準備をしていきます。本日もたくさんのご声援、ありがとうございました」

■FP 9 増山太一
「前半1-4で負けている状況での孝さんの言葉はすごく心に響きました。経験と言葉の重みを改めて感じ、このセグンドというカテゴリーで一緒にプレーできることは僕のフットサル人生において非常にいい経験ができているなと感じました。
選手としても人としても盗めるところは盗み、さらに成長したいと思います。

後半はチームの皆が勝利のためにできることを模索し、戦った結果、逆転することができたと思います。今節の勝利をリーグ優勝に繋げられるよう次の試合に向けてまたみんなでいい準備をしていきたいです。個人としてももっとチームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

■FP 17 大橋勇太
「チームとして新しく始めたことがまだ完全にはハマっていなかったこともあり、自分たちのペースで試合を運ぶことができない時間帯もありました。そこの部分は練習から一つずつ積み重ねて、色々な戦い方ができるようにしていく必要があります。勝利以上に課題のはっきりと見えた試合だったと思います。

ハーフタイムにはFリーグの下部チーム同士の戦いでエンブレムをつけて戦ってる意味と誇りの話を孝さんから聞き、チーム全体にも発破がかかりました。

この勝利から学んだことを次節以降は自分たちで出していけるようさらに練習を積んでいきたいと思います。本日もたくさんの応援、本当にありがとうございました。次節もたくさんの応援をよろしくお願いいたします」

・次節試合日程
SuperSports XEBIO 第20回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第13節
10月13日(土)13:00キックオフ
vs. カフリンガ東久留米
常総市水海道総合体育館

・今後の試合スケジュールはこちら
http://bardral-urayasu.com/news/news-5934/

arrow_top

TOP