バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MATCH

2021.01.10

いつもバルドラール浦安をご声援いただき、誠にありがとうございます。

2021年1月11日(月・祝)に、Fリーグ2020-2021 ディビジョン1 Y.S.C.C.横浜戦がリモートマッチにて行われます。

試合に向けて、小宮山友祐監督よりファンサポーターの皆様へメッセージです。


■小宮山友祐監督
「多くの方々のご尽力のおかげでこのような状況のなかでも試合を開催することができること、そしてホームゲームが開催できること、本当に感謝しています。大変な状況だからこそスポーツが伝えられるものがある。リモートマッチにはなりますが、ABEMAを通して多くの方に試合を見ていただきたいですし、見ている方々に何かを伝えられるゲームがしたいと思います。

昨年は、内容が良くても結果で負けてしまう試合がありました。ですが我々は内容と結果の両方こだわらないといけません。私が選手たちに要求していることはとてもレベルの高いことですし、選手はそれを必死に応えようとしてくれています。ここまで積み上げてきたものでいろいろなことができると思いますが、1番大切なことは、今シーズン最初から積み上げてきたディフェンスの部分。横浜は1対1に強い選手が多いので、そういった選手たちに対して自分たちがどこまで強度を出して戦えるか。極論を言えばシュートを1本も打たせずに勝つことが理想ですが、そのような試合展開にはなりません。ディフェンスの部分で今まで通り相手よりも早くボールに寄せる、強く体を当てる。細かい部分ですが、こだわりを持ってやってきた部分を出すことが重要になると感じています。

自分たちは流れのなかやセットプレー、パワープレーなどから得点をすることができていますが、相手に簡単に得点をあげて、取り返すだけの力があるチームではないので、この試合は先制点がより重要になってきます。前回対戦のように開始早々に失点をしてしまうと自分たちのゲームプランも崩れてしまうのでより集中した試合への入りが必要だと思っています。

新型コロナウルスの影響で本来であれば、会場に足を運んで多くの方々に試合を観戦していただける予定でしたが、安全を確保するためには仕方のない状況です。我々はこういった状況のなかでもフットサルができていることに感謝しなければいけません。ただそれだけではなく自分たちの姿を見て勇気をもらえた、感動したと、見ている方々が感情揺さぶられるようなゲームをお見せできればなと思いますし、感動を届けることが今この状況でスポーツをしている我々の義務だと思っています。

フットサルというスポーツで浦安を拠点に活動している。世間一般から見ればまだまだ認知度も知名度も低いかもしれませんが、そこに関わっている多くの人たちが本当に熱い思いを持って戦っています。その熱い気持ちを勝利という最高の結果で多くの方々に届けたいと思います」

Fリーグ2020-2021シーズンはABEMAにて全試合生中継いたします。是非、ご覧ください。
■視聴URLはこちら
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/BL3Zn85xZvTNNj

また、クラブ公式Twitterアカウントhttps://twitter.com/bardral_urayasuでも速報を行います。是非、フォローの上、ご声援をよろしくお願い申し上げます。

arrow_top

TOP