バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

RESULT

試合結果

Segundo

2019.12.28

【セグンド】

SuperSports XEBIO 第21回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第18節 試合結果

12月28日(土) 11:00 K.O.

vs. リガーレ東京

1-3 敗戦

得点者:岡田

後半、同点に追いつくも追加点は奪えず、関東リーグ最終節は悔しい敗戦となりました。たくさんのご声援、ありがとうございました。

・コメント
■渡邉純セグンド監督
「今季のリーグ最終節を迎えるにあたり、事前の3週間で攻守のターンオーバーに対しての意識付け、守備の部分での個人戦術の理解を促してきました。試合が終盤までタイトな攻防になったことは選手のトライに対しての成果が表れたとこです。
しかしながら、チャンスでスコアを重ね勝敗を決める力は相手に及びませんでした。試合後、全体で共有しましたが、一つのチャンスやミスに更にシビアにならなくては解決できないことがある。一喜一憂するのではなく、どれだけの違いを魅せれるのか。また自身に要求できるか。
改めてその意識のもと、入替戦に向けて準備を進めて行きます。

リーグは本日の最終節を含めこれまで16試合がありました。この間たくさんのファンサポーターの方に応援に駆けつけていただきました。振るわない結果ですが、変わらずご声援をいただけたことには本当に感謝しかありません。我々はエンブレムの誇りにかけて一丸となり入替戦に臨みます。ありがとうございました」

■FP5 岡田大毅
「順位が確定しているなかでのゲームにも関わらず、会場で応援して下さるファンサポーターの方々の姿を見ていつも以上に気持ちが入りました。2019年最後のゲームとして今年、浦安で関わった人達への感謝を込めてプレーしましたが、勝利できず不甲斐ない気持ちで一杯です。
成長するためには努力しかないと思っているので、入替戦に向けてより良い選手になるために努力していきます。ご声援ありがとうございました」

■FP9 増山太一
「決めきるところで決めれなかったことが敗因です。
選手全員やることはわかっています。どんな状況、状態であっても試合を決められる選手になれるように日々の練習から一つひとつにこだわれるように全員で意識高くやっていきたいと思います。
幸いにも今シーズン僕らセグンドにはあと1戦重要な試合が残っているので、必ず勝利して一部リーグ残留を決めたいと思います。本日もたくさんの応援ありがとうございました」

arrow_top

TOP