バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MATCH

2017.02.12

■米川 正夫監督

ーー試合の総括をお願いします。
今シーズンのホーム最終戦で、しかも小宮山友祐の最後のホームゲーム、僕自身にとっても最後のホームゲームということでした。更にはお客さん大勢入るということで、モチベーションは非常に高い中で戦うことができました。会場の雰囲気も、本当に最高でした。

ただ試合内容としては、正直あまり良くなかったなという印象です。前半、攻撃面でボール保持をうまくできておらず、前線へと攻め込むタイミングなどが悪くなったことで、厚みのない攻撃が続いてしまいました。ただそういった中で、(小宮山)友祐のものすごいシュートで先制することができたので助かりました。

後半は、チームとして短いサポートを連動してかけていくことで、ボールを前へとしっかり進め、厚みを持たせようとしました。その狙いがうまく決まり、チャンスを多く作れた時間もあったと思うのですが、その時間帯に点を決めきれず、逆に相手にやられて追いつかれてしまうというゲームになってしまいました。

プレーオフ出場はできなくなってしまったのですが、リーグ戦はまだ残り1試合ありますし、全日本選手権での戦いも残っています。チームとしてもう一度まとまって、これまでやってきたことの集大成を見せたいですし、なんとか勝利を飾って、(小宮山)友祐の引退に花をもたせたいです。

ーー監督にとって、浦安市総合体育館のピッチとはどういった場所でしたか?

私はFリーグが開幕した時にプレイヤーをやめました。自分にはトップリーグで戦う決意と自覚がないと判断したので、チームをサポートするに側に回りました。最初の頃はスタジアムDJのアシスタントをやったり、その後はスポンサーの営業や、コーチをやったりして、最後は監督までもやりました。

ありとあらゆる形でチームに関わってきました。そしてその全てが詰まっているのが、このホームアリーナでのゲームでした。これまで、沢山の方に足を運んでもらっている中で試合を行うことができ、多くの人の努力と頑張りの積み重ねがこのピッチに現れているのだなと、今日あらためて感じました。

チーム全員が口をそろえることだと思うのですが、この場所は本当に特別な場所です。またこの会場で、こういった場面を感じてみたいという気持ちは正直あります。これからは、違った形でこのチームを応援できればなと思っています。

ーー次節名古屋戦に向けての意気込みをお願いします。
名古屋はプレーオフに向けての準備をしてくる中で、色々なことを試してくる試合になるかと思います。とはいえ、彼らにとっての今シーズンのホーム最終戦ですので、とても厳しい戦いになるのは間違いないと思います。

一方の僕たちにとっても、シーズンのリーグ最終戦となります。今シーズンの最終戦を戦う選手たちのためにも、監督として最善の策を練っていきたいです。そして、まだ全日本選手権での戦いもありますので、最後に勝って終わることができれば弾みがつくと思います。自分たちのフットサル、浦安のフットサルを体現できるように、しっかりと準備をして試合に臨みたいと思います。

HK1_4439

arrow_top

TOP